神戸市水道局

MENU

水源の保全活動

  1. TOP
  2. 水道を知る
  3. 水質について
  4. 水源の保全活動

安全・安心でおいしい水を皆さまへお届けするためには、水源の保全活動が必要不可欠です。神戸市は、自己水源である千苅貯水池に注ぐ羽束川(はつかがわ)・波豆川(はずかわ)の保全活動をはじめ、市内で必要な水量の4分の3を占める琵琶湖・淀川の水質保全に取り組んでいます。

自己水源の保全

千苅貯水池では、「羽束川・波豆川流域水質保全協議会」を設立し、行政と地域住民で協力・連携し、水質の保全に関する普及啓発や、河川の環境美化などを行っています。また、ゴルフ場の農薬やその他の汚濁の防止策として、上流部の各施設と汚濁防止協定を結び、河川の水質に影響を与えないよう、協力をお願いしています。

羽束川・波豆川流域の水質保全事業

羽束川・波豆川流域の水質保全事業キャラクター「トンぼうや」

千苅貯水池の上流である羽束川と波豆川の水質を守るため、神戸・三田・宝塚の3市と両河川流域の住民とで、羽束川・波豆川流域水質保全協議会を設立。水質保全に関する普及啓発活動、生活排水の適切な処理を推進する事業、河川等の美化推進事業など、様々な活動を行っています。

活動内容

  • ・水質の保全に関する普及啓発活動
    (イベントの実施・コミュニティ紙の発行など)
  • ・生活排水の適切な処理を推進する事業
    (合併処理浄化槽維持管理費の助成など)
  • ・河川及びその周辺地域の環境の美化を推進する事業
    (河川清掃および環境美化活動への助成・不法投棄防止対策など)

琵琶湖・淀川の保全

神戸市では、必要な水量の約4分の3を琵琶湖・淀川に依存しています。琵琶湖・淀川の水質保全を図るために、平成5年9月に設立された財団法人「琵琶湖・淀川水質保全機構」へ参画し、水質浄化事業への支援などを行っています。