時代を超える
技術と生きる
スペシャリストになる。
KOBE CITY WATERWORKS BUREAU RECRUITMENT
OF WATERWORKS ENGINEERS
SCROLL

エントリー

神戸市職員採用情報ページ

神戸市水道局は、
1900年から
築き上げた水道技術を
絶やさず未来に繋げるため、
公務員の専門職
「水道技術職」を募集します。

1900年、
神戸水道は始まった。

神戸の水道は、1900年に日本で7番目の近代水道として給水を開始。給水区域の拡大と施設の整備充実により質・量ともに安定した給水のための努力を重ねてきた。

阪神・淡路大震災
からの復興。

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生。神戸市は壊滅的な被害を受け、水道も大きな打撃を受けた。市街地全域が断水した中、1日でも早く水を届けるため、水道局では他都市の支援や市民の協力を得ながら、不眠不休で給水活動と復旧作業を続けた。全市で応急復旧を完了させたのは、地震からちょうど3ヵ月後の4月17日のことだった。

他都市の災害時も、
神戸水道の技術が生きる。

水道局では、2011年の東日本大震災の発生翌日に、第一次支援隊を被災地に向けて派遣。その後109日間に渡り、現地で応急給水・復旧支援活動に取り組んだ。また、熊本地震(2016)や西日本豪雨(2018)など、他都市の災害時には被災地に職員を派遣し、支援活動を行っている。神戸の技術を他都市にも届けている。

24時間、
365日、120年。

神戸の水道は、創設以来
さまざまな困難を克服しながら、
市民生活の向上と
都市の発展を支えるために拡張を重ね、
2020年に120周年を迎えた。

「安全・安心な水を市民に届け続ける」

その使命と技術を継承するため、
神戸市水道局が始めたのが
水道技術職(土木/電気/機械)の採用。

水道一筋、
未来のスペシャリストを
募集します。

神戸市水道技術職とは

WHAT IS KOBE CITY WATERWORKS ENGINEER?

全国でもめずらしい公務員の専門職「水道技術職」。
神戸市水道局が持つ技術・技能を継承するとともに、
新しい技術にチャレンジし、
神戸の水の未来に向けて活躍する職種です。

POINT01

神戸水道のスペシャリスト

神戸市水道局が120年で培った水道技術を継承しつつ、未来に向け新しい技術に挑む、神戸水道に精通したスペシャリストです。

POINT02

設計〜施工〜管理まで
総合的に担う

計画・設計から業務に携わり、造って終わりではなく、その後の管理まで担う、水道に総合的に関わる仕事です。

POINT03

めずらしい専門職
だけど公務員

水道一筋のスペシャリストですが、神戸市職員の一員です。神戸の未来のために求められ続ける、一生モノの仕事です。

キャリア形成 / CAREER PLAN CAREER PLAN

水道技術職として採用された場合のキャリアステップのイメージをご紹介します。
新しい職種なので前例や慣習はありません。可能性は無限大です。

初期キャリア

~30代前半
ジョブローテーションを通じて、基礎的業務を習得するとともに、業務適性を把握するように努める

中期キャリア

~30代後半
中堅職員として神戸水道を支える主戦力になるとともに、様々な知識・経験の習得に努める

後期キャリア

40代~
スペシャリストとして、自らの能力を発揮するとともに、知識・経験を活かし後輩の育成に注力する
昇任:係員から係長へは、日ごろの勤務状況をふまえた実力本位・人物本位の評価により昇任していきます。昇任の時期は、最短で、大学卒で採用後9年目(大学院卒は7年目)、高専・短大卒で12年目、高校卒で15年目です。

ワークライフバランス / WORKLIFE BALANCE WORKLIFE BALANCE

神戸市では、市を挙げて働きやすい職場づくりに取り組んでいます。
水道技術職も例外ではなく、ワークとライフのバランスをとって安定した仕事に取り組んでいます。

平均有給休暇取得日数

17.6日

女性の育児休業取得率

100%

男性の育児参加休暇取得率

86%

※令和2年度の水道局職員のデータを基にしています。
※育児参加休暇とは、配偶者が出産する男性職員が子どもの養育のために取得する休暇のことです。

選考フロー / FLOW FLOW

採用選考は神戸市職員採用試験に準じて行われます。詳しい情報は神戸市職員採用ページをご確認ください。
受験申込開始
第一次試験
(筆記試験)
第二次試験
(面接など)
第三次試験
(面接など)
最終合格発表
4月頃
6月頃
7月頃

大学卒

8月頃

高専・短大卒

-

大学卒

8月下旬

高専・短大卒

8月上旬

大学卒
高専・短大卒

7月頃
9月頃
10月頃
-
10月下旬

高校卒

募集要項・待遇 / APPLICATION REQUIREMENTS APPLICATION REQUIREMENTS

採用区分 大学卒、高専・短大卒、高校卒
試験区分
(選択科目)
水道技術職(土木/電気/機械)
給与 学歴/初任給(地域手当含む)
大学院卒/約223,900円
大学卒/約206,800円
高専・短大卒/約183,000円
高校卒/約170,800円
手当 家族や住まい、勤務の状態などに応じて、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当 (4.30月分/令和3年度実績)等が支給されます。
勤務時間 平日8:45~17:30(休憩12:00~13:00)※勤務場所によって深夜業務を含む交代制勤務あり
休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
休暇 年次有給休暇は20日、その他、夏季休暇(5日)、結婚休暇、産前産後休暇、育児参加休暇、 介護休暇、忌服休暇 等

配属はどのように決まりますか?

採用試験の選択科目(専攻)や適正、本人希望を勘案して、本人に合った配属先を決定します。

神戸市の他の技術職(「土木」「総合設備(電気/機械)」)との違いは何ですか?

神戸市の他の技術職が局をまたいでキャリアを積むのに対し、水道技術職は基本的に水道局内でキャリアを積んでいきます。水道技術のスペシャリストとして、専門的な知識とスキルを身につけていただきます。

取得しておいたほうがよい資格はありますか?

選考にあたって必須の資格はありません。専攻(土木・電気・機械)の学びを深めることはもちろん、興味のある資格については、積極的にチャレンジしてください。

産休や育休はどれくらいの期間とれますか?

産前・産後休暇は出産日をはさんでそれぞれ8週間、育児休業は産休明けから子が3歳に達するまでの期間取得できます。