神戸市水道局

MENU

直結給水について

  1. TOP
  2. 利用者の方へ
  3. 故障・トラブル・維持管理
  4. 受水タンクを使用しているマンション等について
  5. 直結給水について

直結給水とは

配水管からじゃ口まで受水槽を経由しないで直接給水する方式を「直結給水方式」といいます。

直結給水方式には、直結直圧給水方式と直結増圧給水方式の2種類があり、導入にはそれぞれ条件があります。

6階建ての建物まで配水管の圧力で
直結給水が可能
(直結直圧給水方式)

昭和62年まで3階建て以上の建物については受水槽を設けて給水する方式(受水槽給水方式)が用いられていましたが、現在水圧が十分にある地域では、6階建てまでの建物は受水槽がなくても直結で給水(直結直圧給水方式)ができます。

(注)地域により水圧が異なりますので、詳しくは水道局センターにお問い合わせください。

なお、すでに受水槽で給水されている建築物の直結給水化には、改造工事費などの費用が必要になります。

10階建て程度の建物まで
ポンプによる増圧で直結給水が可能
(直結増圧給水方式)

配水管(水道本管)から引き込まれた給水管に指定された増圧給水装置(直結加圧型ポンプ)を直結し、給水管内の水圧を増圧してじゃ口まで直結給水する方式(直結増圧給水方式)で、10階建て程度の建物まで給水が可能です。

※事前協議が必要です。また適合要件もありますので、詳しくは水道局センターにお問い合わせください。

直接給水方式のメリット

  • 1

    衛生的

    配水管から受水槽を経由しないで直接給水するため、よりきれいな水が供給されます。

  • 2

    省スペース

    受水槽のスペースが不要となり、土地の有効活用が図られます。
    (例)賃貸駐車場(車1台分)にすることで年12万円の収入を得た事例があります。

  • 3

    省力化

    受水槽やポンプの清掃・点検等、維持管理の手間・費用が不要になります。
    (例)マンション規模10戸程度の場合、清掃費年3万円、定期検査・点検費年3万円が不要となった事例があります。

  • 4

    省エネ

    配水管の圧力を有効利用できるため、省エネルギー化となり、電気代の節約にもつながります。
    (例)マンション規模10戸程度の場合、年4万円の節約となった事例があります。

適用範囲

  • ・受水槽の設置を必要としない建物
  • ・使用水圧が0.75MPa以下の増圧給水装置で給水できる建物

なお、直結増圧及び3~6階へ直結水圧で給水する場合は、使用状態が水道本管に直接影響しますので、事前協議を行い、要件に適合するものについてのみ認めています。

お問い合わせ

水道局配水課(審査担当)

区域 電話番号 所在地・地図

東灘区
・灘区
・北区

078-341-1801

中央区橘通3丁目4-2
神戸市水道局中部庁舎3階

地図を表示

中央区
・兵庫区
・長田区
・須磨区

078-341-1802

垂水区
・西区

078-341-1803