MENU

24時間水をお届けするために

配水池はいすいちにたくわえている水は「テレメータ・テレコントロールシステム」というコンピュータシステムで24時間管理しています。兵庫区にある奥平野浄水じょうすい場内の中央制御せいぎょ管理室に情報を集めて、データを見ながら水の流れる量を調節。水道の使用量はごはんを作る朝と夜の時間帯に多くなりますが、家や学校などにいつでも必要な量の水がとどくようにコントロールしています。

中央制御管理室

中央制御管理室

テレメータ・コントロールシステムの画面

テレメータ・コントロールシステムの画面

 

高いところにも水を送るため

神戸市は山が多く坂も多いまちです。そこで、水が高いところから低いところに流れる性質を利用して、いろいろな高さのところに配水池を作って、配水池より低いところにある家に水を届けています。そのため神戸市の配水池の数は、坂が少なく平坦な大阪市の約3倍にもなります。

土地が高いほど多くなる配水池